葬儀でプリザーブドフラワーは送っていいの?

プリザーブドフラワーはギフトでよく扱われているそうです。人気のある店では、シチュエーションに応じてアレンジメントを個別に受けてくれるということもあり、オリジナルギフトとしてプレゼントする人もいると言われています。


プリザーブドフラワーをお悔やみで利用できる?

プリザーブドフラワーはおめでたい席で利用されることが多いというイメージもあり、お悔やみの場合は生花を送る人も多いかと思います。現在、まだプリザーブドフラワーが仏花としてポピュラーになっているわけではありませんが、中にはお花をたくさんいただいたものの、お水を変える手間が非常にかかってしまったという声もあり、プリザーブドフラワーをありがたいと思う人もいるそうです。
(故人の写真を飾っておくなどの使い方もある>>>フォトフレーム(ピンク×ホワイト)


親しい場合にはアリの場合も

仏教の葬儀の場合は、棺の左右や仏壇の前にお花を飾ることには、お花が枯れていく様を、生きとし生けるものすべてがいつかは死ぬのだという、諸行無常の教えを意味していると言われていることもあります。ただし、これは地域や宗派、そのおうちで考え方が大きく変わるものなので、一概に生花でなくてはならないということではありません。相手と親しい場合には、聞いてみるのもいいかもしれません。