プリザーブドフラワーで人気のギフトは?

お花のギフトで人気が出てきているものに、プリザーブドフラワーがあります。
これは生花から樹液を抜き出す加工を行い、あとから染色をした枯れにくいお花のことです。
花びらは人口的に加工されているので、花粉が出ないことから、お見舞いなどにも最適のようです。


人気店はなぜ人気なのか

プリザーブドフラワーで多く見られるのは、ブーケの形です。
これはよくある街のお花屋さんでも販売されていることが多いようです。
一方で、人気のあるプリザーブドフラワー専門店では、ギフトやインテリアとして活躍できるような、ユニークなデザインを多く取り入れているようです。

例えば、こちらのお店では一つ一つコンセプトにマッチした商品を提供しています。

プリザーブドフラワー専門店
フローラルスリール

こちらのお店で取り扱っているハートバスケットでは、ピンク色のハート型の器にローズをあしらえて、女性らしさを効果的に演出しています。
どんなシチュエーションでもプレゼントしやすいデザインのものなので、レビューを見ても評価の高いコメントが多くなっていますね。
ハートバスケット
この商品の詳細はこちら⇒ハートバスケット

また、こちらのプリザーブドフラワーは、ハイヒール型の器にお花をアレンジするという大胆なデザインが特徴的です。
ガラスの靴のシンデレラを連想させるかわいいデザインなので、誕生日プレゼントに買われるお客さんが多いようですね。
ハイヒールピンク
この商品の詳細はこちら⇒ハイヒール(ピンク)

こうしたお花だけでなく、器を含めた総合的なデザインにこだわった「わかりやすさ」が人気のお店となった秘密なのではないでしょうか?


プリザーブドフラワーはデザインも豊富

プリザーブドフラワーの魅力は、本物そっくりのお花の質感を生かしながら、生花では難しい加工を行える点です。
人気のある店では、ケーキのような形に土台を作り、そこにプリザーブドフラワーのアレンジメントをデコレーションするなど、フラワーケーキというものを作っているところもあります。
そのほか、花器に入れるものもあれば、ブーケのような形で、自分の好きな花瓶に生けることができるものもあります。
もちろん、お水などを管理する必要はありません。


なるべく長持ちさせるには

プリザーブドフラワーの最大の敵は湿気だと言われています。
人工的に色を後から足しているものなので、湿気は花びら同士の色移りの原因になってしまいます。
また、直射日光などにさらしてしまうと色があせてしまう、乾燥して花弁が割れてしまうこともあるそうです。
できるだけ温度が一定で、湿度の低いところに飾りましょう。

プリザーブドフラワーの管理についてはこちらを参考にしてください。
プリザーブドフラワーの取り扱い方

>>>プリザーブドフラワー人気ある店ガイドTOPへ