プリザーブドフラワーの選び方

さてさて、今言ったとおりプリザーブドフラワーは「男性から女性へ」のケースが非常に多く、だからピンク色の商品がよく売れているわけです。
ですが、それは逆から言えば「それだけ世の中の男性はプレゼントに困っている」ということでもあります。
「どんなものをあげればいいか分からない」
「どんなデザインのものが女の子向けなのかいまひとつ分からない」
smartphone_man_komari
「でもせっかくあげるなら喜んでもらいたい」
「センスの悪い男だと思われたくない」
unhappy_man3
そんな悲痛な声が聞こえてくるようであります。

そんな悩みをプリザーブドフラワーなら一気に解決してくれます。
そこで今回は、「より相手が喜んでくれる」プリザーブドフラワーの選び方を紹介!


*プリザーブドフラワーをプレゼントする時の選び方*

*相手が彼女・奥さんの場合*
まずは、その人が持っている「小物」を思い出してみてください。カバンや靴などではなく、カバンの中に入っているポーチなどがねらい目です。お家に行ったことがある場合(一緒に住んでいる場合)は部屋の中にある小物でも良いですね。
洋服やカバンなどは、言うなれば「お外用」です。特に社会人以上の女性の場合は「無難な服や持ち物」を選びがちです。
(学生さんの場合は、自分の好きな服や靴で身を固めていることも多いですので、この限りではありません)
その分、あまり目立たない小物やお家の中に置くものは「自分の好きな色・デザイン」である可能性が高いのですね。
服は黒やベージュ、淡いブルーや淡い黄色ぐらいでも、小物はピンクなものやパープルが多いといった女性は多いのです。
suit_woman_laughhappy_woman3
そういった場合は小物などで使っている色こそ本命色ですので、チェックしてみてください
ただし、好きな色を本人から直接聞いたことがある場合はそれに従った方がベターです。

*相手が、お母さんや上司の奥様などの場合*
相手の方にお掃除の手間をかけないという意味で、フォトフレームなどプリザーブドフラワーが箱の中に入っているものが喜ばれています。
造花とは違いプリザーブドフラワーは見ただけでは普通のお花そのものです。手で触ってみても普通のお花となんら変わらないので、お母さん世代の方々は「お水をあげなくていい」と言っても、「お水をあげないなんて何だか可哀想」と思いお水をあげてしまう方が少なくありません。
完全に箱の中に入っていることで「本当に普通のお花とは違うのね」ということが伝わりやすくなります
また、お母さん世代の方のご自宅にプリザーブドフラワーを贈って、一番置かれる場所は玄関であるというアンケートもあります。
ヘレナのように、玄関先に置きやすい安定感のあるデザインのものを選ぶというのも良いポイントですね。

□参考サイト
プリザーブドフラワー 通販…色々なプリザーブドフラワーの通販サイトを比較する際に便利なサイトです。