プリザーブドフラワーはここ数年でメジャーになり、徐々に人気が高くなってきているお花で、ギフトなどで利用されることが多いそうです。プリザーブドフラワーの人気ある店では、あらゆるアレンジメントや、オリジナルアレンジフラワーの受注などを行っていると言われています。このお花は人工的に加工を行っていますから、虫がわくことも滅多にありません。


プリザーブドフラワーの虫は資材が原因?

プリザーブドフラワーそのものに虫がついてしまうということは、非常に珍しいと言われています。しかし、飾りなどもすべて天然の木材などを利用している場合、まれに虫が発生してしまうこともあるそうです。プリザーブドフラワー本体ではなく、周りの飾りにつくことが多いので、万が一虫を見つけたら、まずは原因となっている素材を探しましょう。


その部分だけを抜いてしまおう

プリザーブドフラワーのアレンジは、多くの場合、土台に刺さっているものです。簡単に抜けないようになっていることもありますが、原因となるものがわかったら、根元からそっと抜いてしまいましょう。他のお花を傷つけないように気を付けてください。抜いたものはそのまま、捨てて問題ありません。アレンジがさみしくなったら、ホームセンターなどで売っている飾りを指してみましょう。季節ごとのオーナメントなどを使うのもいいそうです。

プリザーブドフラワーは、インターネットの通信販売などで購入することができます。またお花の配送などを専門に行う花キューピッドなどでも、プリザーブドフラワーの扱いも増え始め、人気ある店では、アレンジメントなどの評価も高いそうです。


プリザーブドフラワーを不祝儀に使えるの?

通販などで購入する場合、多くがお祝い事や、記念日のプレゼントなどに利用するだろうと思います。しかし、不祝儀で送るお花でも、今はプリザーブドフラワーが選択肢にあるというケースが多くなっているそうです。実際に、不祝儀で使うアレンジメントでは、色の薄いものなどを利用したアレンジで、洋菊などでアクセントを付けているものが多いようです。


失礼にあたらないか不安、無難なのは生花

プリザーブドフラワーは時を止めたお花ということから、地方の習慣などによっては、あまり好まれないという可能性もまだ、少なくありません。生花には、諸行無常の教えを表現するという意味も宗派によってはあるそうですから、非常に近しい人などでない場合で、お花だけを出すという場合なら、生花のアレンジメントが無難ではあります。既に落ち着いてから、などという場合には、相手に聞いてみてもいいでしょう。

最近では、プリザーブドフラワーが人気になっていますが、実は少し変わったものもあるみたいなんですよ。
それは、光を吸収して暗闇で光るというものとその温度によって花びらの色が変わるというものなんだそうです。
どういう仕組みになっているのかは明かされていませんが、そういったお花もあるのだという事を知ってもらえたら嬉しいです。
通常のお花もすごくきれいですが、こちらも印象が違って驚く人が多いのではないでしょうか?


プリザーブドフラワーは男性にも贈れますよ

プリザーブドフラワーは、女性だけではなくて、男性にも贈ることが出来るのですごくおすすめです。
上品かつシンプルな商品が多いので、きっと相手に相応しい商品を見つけることが出来ますよ。
人気のある店で探した方が、種類も多くていいかもしれませんね。
また、初めて誰かにプリザーブドフラワーを贈るときにもそういったお店を選んだ方がいいでしょう。


置き型だけじゃない

プリザーブドフラワーは、置き型やブーケだけではないんですよ。
壁にかけるリース型もあればキャンドル型とか、その用途に合わせて選ぶことが出来るのでおすすめなんです。
プリザーブドフラワーを飾りたいけれど置き場所に困ってしまうという人は、リース型を選ぶのがいいでしょう。

プリザーブドフラワーをお店などで見かけることが増えてきたかと思います。このお花は、長期間枯れない特殊な加工を終えた花びらを加工して、職人さんが作っているものです。ネイルアートや羊毛フェルトのように、プリザーブドフラワーも手作りキットが販売されているのを知っていますか?


プリザーブドフラワー作りにトライ!

プリザーブドフラワーは購入すると、生花の3倍程度の価格なのだそうです。値段は少し高いとしても、一年以上飾ることができますし、水換えや花粉の手間などもないので、人気は高くなっています。人気のある店のようなアレンジメントは無理でも、もしも作ってみることができるなら、簡単なものにチャレンジしてみたいと思うこともあるのではないでしょうか?また、ギフトとして自分で作ったプリザーブドフラワーを、お母さんやおばあちゃんにあげたら、喜ぶかもしれません。


3000円くらいから気軽に

一輪で飾るものであれば、1000円程度で売っているキットもあります。アレンジメントのようにお花が多く並ぶものでも、安いものは3000円程度と、比較的利用しやすい値段となっているそうです。金額的にもチャレンジしやすいというのも、嬉しいところですよね。これで非常に興味がわいたら、アレンジメントの教室なども充実してきています。

街中などで、枯れないフラワーアレンジメントを見かけたことはありませんか?これはプリザーブドフラワーと呼ばれているもので、非常に現在、プレゼントなどでも人気が高くなっているものです。インターネットが中心と思われがちですが、人気のある店はお店で商品を選ぶこともできるそうです。


プリザーブドフラワーの教室も増えている?

お店や商品の人気が高くなったことから、プリザーブドフラワーのアレンジメントを教える教室も増えているそうです。プリザーブドフラワーは、一度バラバラにし、特殊な加工後、染色したものを利用するため、お花をリアルに再現する方法や、遠近感、色彩のバランスなども教わることができるそうです。資格などもあるそうですから、具体的な目標をちゃんと決めることも可能です。


自分でアレンジを楽しめる

キチンと習うことで、自分でプリザーブドフラワーのアレンジを楽しめるだけでなく、人に教える、自分の商品を売ることもできるそうです。また、趣味で続けている人もいると言われていますし、細かい作業ですが、危険なものを利用することがないので、いくつになっても楽しめる趣味とも言われているそうです。デザイン面やお花の知識、アレンジの知識など幅広い楽しみを探すことができます。

ウエディングやバースデイのプレゼントで、プリザーブドフラワーの人気が高くなっているそうです。傷みにくいお花なので、お祝いの場所でも非常に評判が高く、受注生産を行うお店もあると言われています。特に、ウエディングブーケなどに多いそうです。


プリザーブドフラワーはどれくらい前に頼むの?

オリジナルではなく、すでにある商品の場合は、決まった段階でお店に連絡をするといいでしょう。人気のある店では、商品が品切れとなってしまうこともありますから、直前は避けたほうが無難です。オーダーの場合はお店ごとに異なります。混雑している場合には、ホームページなどに明記している期間内でも、制作が間に合わないという理由から、受注を取らないということもあるそうです。


最低でも一か月前に

ウエディングブーケの場合はお花の数が多いことや、ドレスとの相性なども併せて考えてアレンジメントを行います。色なども余裕をもって選ぶため、最低でも一か月前には受注を受けたいというお店が多いそうです。お花は人工的に染めていますが、プリザーブドフラワーの素材は基本的に、本物の木材、お花を使うので、希望するものが欠品となることもあります。しっかりとお店と話し合う時間が設けられるよう、オリジナルを作るときはまず、制作期間などを問い合わせるといいでしょう。

プリザーブドフラワーは、生花にそっくりの造花で、水やりなども必要なく、生花と同じように利用できる、といわれていますが、ゆいいつ、持っていないものがあります。それが、香りです。これはメリットともデメリットともなるのですが、生花のフレッシュないい香りが好きという場合には、プリザーブドフラワーでは物足りなさを覚える人もいるのかもしれませんね。


プリザーブドフラワーに人口の香りを

そこでお花そのものを香らせることができなくても、ポプリなどを活用してプリザーブドフラワーの花器へ香りを付けるという方法があります。アロマオイルや香水などでも利用できますが、プリザーブドフラワーは水に弱いので直接吹きかけることは絶対に避けましょう。香りが飛びにくいものを使うと、マメに付け直す手間が省けると言われているそうです。


花器に入ったものがやりやすい

プリザーブドフラワーの中でも、人気のある店などでは、ブーケではなくアレンジメントがたくさんあります。これらは花器に入っているので、このタイプであれば、香りを付けたコットンなどをお花に触れさせずに置きやすいと言われています。好きな香りを付けたコットンは、できるだけお花から離す、乾いた布でくるんでから置く、など工夫をしてみましょう。